MENU

あごひげはどのような方法で処理するのが正しいのか

自己処理であごひげを目立たなくしようと思っているのであれば、正しい方法で処理をしなければなりません。適当にカミソリで剃ってしまうと肌を大きく傷つけることにも繋がってしまうので注意しましょう。

 

最も肌にやさしい方法といえるのが、ハサミでカットするということです。カミソリの場合は肌の表面を刃で傷つけることになってしまいますが、ハサミであればそういった心配もありません。

 

ただ、かなりあごひげが濃い方などはこの方法では十分に効果を実感できないことも多いでしょう。そういった方はカミソリを使った正しいあごひげの処理方法をチェックした上で行うことが大切です。

 

カミソリを使ったあごひげの処理方法

まずは、あごひげをやわらかくしましょう。硬い状態のあごひげを剃るのには強い力が必要になり、肌に与える負担も大きくなってしまいます。

 

先にお風呂に入っておくのも良いですね。そうでなければ蒸しタオルをしばらくあごにあて、あごひげをやわらかくしておきましょう。

 

注意しなければならないこととして、お風呂場でカミソリを使った処理をするのはおすすめできません。湿気が多いところには細菌が多く存在しているため、皮膚に入り、炎症を起こしてしまう可能性があるのです。

 

肌の水分をふき取ったらクリームをつけます。面倒でもシェービングクリームを用意しておくと良いでしょう。しっかりシェービングクリームを塗ることにより、肌への負担を抑えられます。

 

カミソリはできるだけ新しいものを使って行うのが基本です。古くなったカミソリは切れ味が衰えてしまい、肌に大きな負担をかけてしまいます。

 

剃る際のポイントは上から下に向かって、毛の流れに沿って剃るということ。毛の流れに逆らった方が深く剃れるように思うかもしれませんが、毛穴に与える負担が非常に大きくなってしまいます。

 

あごひげの処理が終わったらたっぷりの化粧水をつけ、入念に保湿ケアをしましょう。カミソリで剃った後の肌は乾燥しやすい状態になっているため、普段より時間をかけてケアするのがおすすめです。

 

絶対にやめた方が良いのは毛抜きを使ったムダ毛処理です。これはあごひげに限ったことではないのですが、毛抜きを使って処理をするということは、ムダ毛を無理やり引き抜くということですよね。

 

皮膚が炎症を起こしたり、ムダ毛が伸びてきた際に肌の中で伸び続けてしまう埋没毛という肌トラブルに繋がってしまう可能性が高くなってしまいます。このような状態になると、ひげの濃い男性がシェーバーで処理したあとのような状態に見えてしまうため、毛抜きを使った方法はおすすめできません。

 

自己処理はやめた方が良い?

自己処理の方法についてご紹介しましたが、いくら注意しているつもりでも肌に負担をかけてしまいます。そのため、思い切って脱毛サロンを活用したあごひげの処理方法も検討してみると良いですね。

 

自己処理に比べて何度か通わなければならないという手間はありますが、脱毛が終われば自己処理をする必要もなくなるため、定期的に行う処理の手間からも解放されます。

 

これは、定期的に肌を傷付けなくて良くなるということにもつながるため、美肌を目指しているという方もカミソリや電気シェーバーを使った自己処理をやめ、脱毛を検討してみましょう。